その他

秋の髪・胃腸・肌トラブル予防に常備ギー

秋は夏に蓄積した火のエネルギーが悪化して、胃腸や肌、髪(抜け毛)のトラブルが出やすい季節です。

アーユルヴェーダで火のエネルギー(ピッタ)を鎮める代表的なものに「ギー」がありますが、ギーは無塩バターから不純物をとりのぞいた純粋な乳脂肪で、平和で澄み切った純粋な気持ち、穏やかで周囲と調和できる心の質である「サットヴァ」の性質もあります。

アーユルヴェーダでは皮膚病などの外用薬や、眼に輪っかのようなものをつけて油をいれてるアーユルヴェーダの映像を見たことある方も多いと思いますが、そのネトラタルパナ(栄養眼浴法)にも使われます。

 

ひと手間はかかりますが一度作ってしまえば常温保存(冷暗所)で半年もちますので、ピッタが増大悪化しやすい秋を前に常備菜ならぬ常備ギー。

 

【作り方】

無塩バター400g

1.中火でバターを焦がさないように溶かします。

 

2.溶けたら、とろ火(1~2)にして焦がさないように煮詰めると水分が蒸発し不純物がでてきます。

3.焦がさないよう火加減に気をつけながら、かきまぜないように不純物がなくなるまでとります。

4.40~50分ほどすると澄み切ったギーになります。

5.キッチンペーパー等で濾したら出来上がり!

 

秋においしいきのこのバター炒めや、鮭のムニエル、いつものシチューやスクランブルエッグ、フレンチトーストなどにも、普段のバターをギーにかえて、秋を健やかに過ごすアーユルヴェーダ薬膳をお家でしてみませんか?

暑い夏にかき氷のような肌を引き締める化粧水カシミールサファイア

今日は沖縄出身のお友達のお家にお邪魔してきました。

いろんなお菓子でおもてなししてくれた中に、かき氷がありましたがなんとこのかき氷はスウィーツなの?金時豆をたっぷりかけた甘じょっぱいかき氷。

暑さが吹き飛びました。地域によっていろんな頂き方があるのですね。

ヒマラヤンカリックスでは、サマーローションとしてブルーのお化粧水カシミールサファイアをおすすめします。かき氷みたいな色ですが、天然の色です。

アーユルヴェーダでは色までが病気を癒すエネルギーを持っているとされ、色の効果も利用します。

このカシミールサファイアは心や体を落ち着かせ冷ます作用を持ち悪化したピッタを鎮静させます。私は冷蔵庫で冷やしてスプレーします。

ヒリヒリしたトラブル肌にも鎮静効果が働き、夏の皮脂や痒み、日焼け後にも大活躍しています。使用感はお肌にミントローションをかけた様で気持ちいいです。

アムラシャンプーで髪がボリュームアップしてシニヨンが。

娘のバレエレッスン日です。シニヨンは小さくぺったんこにするのが綺麗だそうです。

娘は生まれた一週間後から13年間アーユルヴェーダのシャンプーを使っていてアムラやシカカイ、ブラーミなどが入ったシャンプーで洗っているので毛量も多く髪にコシがあってシニヨンを作る時に髪が元気すぎてネットに入れるのも難しいくらいです。

今月19日に発表会があり、ウィーン国立バレエ団のプリンシパルの木本全優さんと橋本清香さんが一緒に出演予定です。昨日のレッスンで足の皮がむくれた〜と言いながらレッスンに力が入っています。

1日の終わりに、Tulsi(ホーリーバジル)のナイトクリームで心身までもリラックス

みなさん、夏の暑い日をどうお過ごしですか、私は子どもが夏休み中なのでいつもよりバタバタしてます。今年は異常気象ということですが、夏本番はこれからというので、疲れも溜まるいっぽうですね。夏は、汗は乾燥していないと思われがちですが、車の中やエアコンなど、直射日光以外でも、お肌がとても乾燥しています。そんな夏にピッタリのTulsi(ホーリーバジル)の神秘のナイトクリームインディアンスノーをおすすめいたします。お化粧水の後、クリームをパール大にとりお肌全体にのばした後、両手でお顔全体をおおい、深呼吸します。アーユルヴェーダは香りも療法の一つです。少し甘く、爽やかな優しいハーブの香りが眠りを誘い、スーッと深く体内に入り心まで癒されていくのがわかります。こうして一日を終えるのが私の日課です。

日焼け・紫外線対策をしっかりと

これからの季節、海にお祭りにキャンプなど楽しいイベントが待ち遠しいです。

しかし!!
女性にとって気になるのが紫外線ですよね。

 

「肌は夏に歳をとる」

という言葉をよく耳にしますが、本当にそうといっても過言ではないんです。

紫外線には

  • UVA
  • UVB
  • UVC

の3種類があります。


特に注意しなくてはいけないのがUVB。
UVBを大量に浴びると、メラニンを生成する色素細胞自体の数が増えてしまい、その状態で日焼けを繰り返すことで、部分的にメラニンが増えてしまうんです。これがいわゆる色素沈着です。
また、UVAは、皮層の深部に到達するため慢性的に浴びると真皮層の皮膚にハリなどを与える繊維成分が変成し、シワ、たるみの原因になります。

少し難しい文章になってしまいましたが、とにかく日焼けは女性の敵であることに変わりはないですね(笑)

 

せっかくの楽しいシーズンを満喫していただくためにもぜひ使っていただきたいのが

モーニンググローリーです。

紫外線吸収作用のあるビタミンE豊富なアロエヴェラエキスと、乾燥からお肌を守るサンフラワー油が、厳しい日差しや外気からお肌を守り、冷却鎮静、保湿し、ダメージを回復します。
皮膚代謝を促進するキャロット油が、キメを整えながら色素を生成を防止し、白肌を守ります。やわらかいフラワーの香りをサラッとテクスチャーでべたつかず、夏の脂性肌にも最適です!

 

日焼け対策、日焼け後のケアを丁寧に行うことで5年後10年後のお肌の状態が変わってきます。
今からでも遅くありません!今年はしっかり対策をして美肌を保ちましょう!

 

 

 

メンズ洗顔と男性の正しいスキンケア方法とは?

こんにちは。


これを読んでいただいている男性の皆さんの中には、お肌のトラブルでお悩みの方も多いのではないでしょうか?
大人になってからの肌荒れが気になる方、ベタつきが気になる方、、、必見です。

 

「顔をしっかり洗っていれば清潔だ」「化粧水までつけているから完璧だ」・・・実はそういうわけでも無いんです。
お肌の性質も人それぞれ。
ご自身のお肌の状態を理解し、正しいスキンケアをしてあげることがとても大切なんです!

 

今回は、大阪にお住まいのFさん(40歳)をご紹介します。

奥様の勧めで足を運んでくださりました。
最初は、「スキンケアと言われても何をどうすればいいのか分からない」とおっしゃっていました。

診断してみると、敏感肌に加えて、表面には現れていないシミなども気になる部分でした。
さらに今後のことを考えて、40代のお悩みで多い皮脂量などの対策をしっかりしていきましょうということになりました。

 

そこでおすすめしたのがインストラクリーンクリーム

クローブ・ニームがお肌の汚れや細菌を取り除き、鎮静効果に優れています。またユーカリがコラーゲンを保護しメラニンを抑制します。ハーブの清涼感が気持ち良く使用後のお肌が滑らかになります。泡がたたない面白い洗顔料です。

 

泡がたたない斬新な洗顔料なので最初は不思議に感じられる方も多いのですが
洗い上がりはビックリするくらいサッパリします。

 

 

洗顔後のスキンケアにはカシミールサファイア

さっぱりとしたトナーはダールハリドラーやセイロンケイヒが肌荒れ・痒み・赤みに働きかけ、抗菌作用があるニームがニキビ・皮脂を軽減します。
これからの暑い季節には、冷んやり鎮静効果が働いてトラブルを穏やかに整えます。

優しくお肌になじませてあげましょう。

 

このステップでのケアを続けて頂いて3ヶ月。
以前にくらべてお肌のキメが細かくなり、べたつきや赤みも軽減したと喜んで頂いています。

 

皆さんもF様のように、きちんとお手入れをして若々しいお肌を保ちましょう!!

桑の実

庭の草花が、色とりどりに花や実をつけ、小鳥たちも啄みに忙しく飛び回っています。そんな中、桑の実が豊富に実り、毎日摘んで頂いてます。葉っぱは薬草として知られていますが、実にも、ビタミン、カリウム、フラボノイドと体に嬉しい効果の成分を持っています。

表現が難しい味ですので、市販されていたらジャムかお酒でお確かめ下さい。葉っぱの方は、血糖値を抑える、ダイエットや糖尿病の予防の健康食材として有名です。ハーブなども今が旬、様々なハーブティーを楽しみたいですね。

 

サフランティ

自宅のお庭で咲いたサフランのめしべを、お茶にしました。

サフランは、お料理のイメージがあるかと思いますが、ビタミンが豊富でβカロチンが多く含まれ、体の抗酸化作用の働きがあります。

幸せホルモンと言われる、セロトニンの分泌量を調整してくれ、イライラや不安感を取り除いて、気持ちを安定させてくれます。

冷え性の改善も期待できます。フェンネルも積み、蒸しパンも作りました。